PUブログ

話題のニュースやエンタメ情報からくだらない面白ネタまで、まとめてPick Upしています。


    就職活動を行うことを再就職活動(あるいは転職活動)と言う。採用者側(雇用者側)はこうして採用する人を「中途採用」などといい、そうした人々を雇うための一連の募集・採用活動を「中途採用」や「経験者採用」などという。 再就職にはさまざまなケースがある。(日本の女性の再就職
    83キロバイト (7,461 語) - 2022年3月15日 (火) 14:48
    就活しんどいですよね。。
    面接で、ここの企業に入りたい!本命です!感を上手く出すこと、
    そしてリフレッシュすることが大事だと思います。

    1 風吹けば名無し :2022/03/18(金) 00:52:49.53

    マジで死にそうや


    【【悲報】就活ワイ、つらすぎて吐く・・・】の続きを読む


    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデル、YouTuber。愛称はユッキーナ。ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していた。後述のタピオカ店店長に対する脅迫騒動により、2020年7月6日を以って芸能界を引退。
    30キロバイト (3,919 語) - 2022年3月4日 (金) 09:53


    (出典 66.206.39.28)


    なにか事情があるのかもしれませんが、
    慰謝料を貰うのは不倫された側なはずでは…

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/18(金) 06:56:41.58

    3/17(木) 22:53
    デイリースポーツ

    木下優樹菜 フジモンから「生活費など一切もらってません」「本来慰謝料もらう立場」
     17日に写真集「CORRECT」出版会見を行った木下優樹菜
     木下優樹菜が17日、インスタグラムのストーリーズ(24時間で消える投稿)を更新し、2019年の大みそかに離婚した元夫、FUJIWARA・藤本敏史(51)からは「生活費などは一切もらってません」と発表した。藤本と相談した上で、SNSで投稿したという。

     藤本は13日に放送された関西ローカル番組で、「フジモンは向こう(元妻側)にちょこっと払ってんの?」と聞かれ、「学費は…学費も僕が全部…」と長女(9)、次女(6)の学費を払っていることを明かしていた。

     この日、都内で写真集の会見を行った優樹菜は、「今日はひさびさの記者会見でした」と報道陣に感謝をつづり、「元旦那さんとも話した結果 書かせていただきました」と説明し、離婚に伴うお金について言及。

     「離婚する際に本来私は慰謝料をもらう立場でしたが」と気になる記述の後、「そういったものは私は、もらわないと決め、彼自身、2人の父親として“学費”だけは払う という事になったので 彼の発言が様々に憶測を呼び起こし 色々な報道のされ方をしてますが 生活費などは一切もらっておりません」と説明。学費を払ってもらっていることは認めた。

     藤本は離婚後も優樹菜と子供たちが住むマンションの別フロアに暮らし、学校の送り迎えなどを手伝っていることをこれまでに明かしている。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220317-00000168-dal-000-12-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9345006ecac49fb584ca8b6a72da1a5d31b10a87

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1647526615/


    【【芸能】令和の「伝説の92」、現るwwwwwwwww】の続きを読む


    タピオカ (ポルトガル語・英語等: tapioca ) とは、キャッサバの根茎から製造した澱粉(でんぷん)。また、それを使った料理。飲料などに入れられる球状の加工品は「タピオカパール」、それに加工される前の刻んで乾燥されたキャッサバは「タピオカチップ」と呼ばれる。菓子の材料や料理のとろみ付けに用いら
    22キロバイト (2,204 語) - 2022年2月25日 (金) 11:40
    コロナの影響もあると思いますが、
    タピオカ屋がマスク屋になって、マスク屋が唐揚げ屋さんになったイメージがあります

    1 ぐれ ★ :2022/03/16(水) 15:13:00.26

    ※2022/03/16 07:10ITmedia ビジネスオンライン

     テーマパーク「東京タピオカランド」が原宿駅前に期間限定でオープンし、「タピる」「タピ活」といった流行語が生まれるなど、2019年はまさにタピオカイヤーだった。しかし、タピオカ類の輸入額は19年にピークを迎えると20年には急落。21年にはブームの初め頃の18年と同水準となり、タピオカも例外なく他の流行と同じ道をたどっている。

     東京商工リサーチによると、20年8月末のタピオカ専業および関連事業を営む企業は125社を数え、19年8月から65社増えた。特に19年9月~20年3月には52社増加し、このうち半数近い24社が新規法人だったという。新規参入した事業者の本業は「パンケーキカフェ」「肉バル」「助成金コンサルティング」「売電事業」などさまざまで、タピオカブームにあやかる副業的な店舗展開が特徴になっていた。しかし、コロナ禍の20年4月以降は減少傾向に転じた。

     読者の皆さんも体感的に「タピオカ店が減っている」「タピオカ店の列を見なくなった」という点からブームが過ぎたことを認識しているのではないだろうか。なぜ、タピオカブームは終焉(しゅうえん)を迎えたのだろうか。そしてタピオカ店は今、どうなっているのか。

    ●なぜ、終焉したのか 「兆し」はコロナ前からあった

     もともと昨今のタピオカブームは、LCC(格安航空会社)就航に伴う台湾フードブームが背景にあり、グルメとしてタピオカは消費されていた。しかし店舗間競争に伴うタピオカ店のブランド化や、インスタ映えを目的とした過度な装飾、見た目を考慮したトッピングなど、味以外の付加価値にも重きが置かれるようになった。

     17年といえば「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれるなど、特に若者の間で「SNS投稿を行うことで消費が完結する」という消費文化が浸透していた頃だ。これと相まって、タピオカはいわゆる「映えフード」となり、写真を撮ること自体が消費目的に変化していった。一時期、ほとんど飲まないで廃棄されることが問題にもなった。

     この頃からタピオカ消費の構造は、味を求める消費者と、エンターテインメント性を求めて消費する層に二極化していった。エンターテインメント性を求める消費者は「味そのものよりも、有名店の味を楽しむために並ぶ」「友達と交友の一環で購入する」「おしゃれなモノを購入したことをSNSに記録(投稿)し、他人に見せるために購入する」などの目的で消費していた。タピオカを購入することに付随した付加価値(体験)が求められていたわけであり、「トキ消費」や「コト消費」の側面を持っていたのである。

    続きは↓
    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/itmedia_business/trend/itmedia_business-20220316_006


    【【謎】タピオカ屋の空き店舗って今どうなってんの?】の続きを読む

    このページのトップヘ