PUブログ

話題のニュースやエンタメ情報からくだらない面白ネタまで、まとめてPick Upしています。

    カテゴリ: 芸能・エンタメ


    MAN WITH A MISSION (マンウィズからのリダイレクト)
    MISSION(マンウィズ・ア・ミッション)は、日本の5人組ロックバンドである。所属レーベルはソニー・ミュージックレコーズ。所属芸能事務所はFYD。頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5人で構成されるという設定である。バンド名は英語で「使命を持った男」という意味で、MWAMやマンウィズ
    113キロバイト (8,671 語) - 2022年5月17日 (火) 13:29


    (出典 cdn.pixabay.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/19(木) 12:07:58.79

    5/19(木) 12:02
    オリコン

     オオカミバンド・MAN WITH A MISSIONが19日、公式サイトを更新。メンバーのKamikaze Boyについて、文春オンラインで不倫が伝えられたことを受けて活動自粛すると発表した。

    公式サイトでは「このたびの当メンバーBass/Kamikaze Boyに関する報道を受けまして、当面の間、当メンバーの活動を自粛させていただくことに致しました」と説明。「また、ご心配をおかけしておりました怪我の症状に関しましては順調に回復に向かっております。あらためて、ご心配とご迷惑をおかけ致しましたことをお詫び申し上げます」と謝罪している。

     また、MAN WITH A MISSIONとしてのライブ活動および、イベント出演などは「予定通り行います」としている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bf0f1cc4d2fc57ea66beda7f2d5cad0187d8712b


    【【音楽】マンウィズ・Kamikaze Boyに不倫発覚…→当面の間活動自粛へ】の続きを読む


    『えんとつ町のプペル』(えんとつまちのプペル、英題:POUPELLE OF CHIMNEY TOWN)は、日本の絵本。西野亮廣が脚本・監督となり完全分業制で制作した(幻冬舎、2016年10月21日)。メインイラストレーターは六七質。2021年9月時点で累計発行部数は70万部を記録している。
    45キロバイト (6,044 語) - 2022年4月19日 (火) 04:56
    どこまでも止まりませんね・・・ww

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/17(火) 20:04:13.03

    5/17(火) 17:18
    SmartFLASH

    西野亮廣 今度は「プペルバレエ」で大炎上!「『白鳥の湖』に並ぶ古典に」構想にバレエファンからも反発が

     東洋の歌舞伎の次は、西洋のバレエときたか――。

     絵本『えんとつ町のプペル』の作者で知られるお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(あきひろ)。

     彼が原作・脚本家を努めた歌舞伎公演『プペル~天明の護美人間~』は、2022年1月に新橋演芸場で上演された。市川海老蔵がプペル役を努め、堀越勸玄と市川ぼたんが交互に出演するなど、話題となった。

     アニメ映画、ミュージカル、歌舞伎とメディアミックスを続ける『プペル』だが、今度はバレエ公演『えんとつ町のプペル』が計画されているのだ。

     2022年10月に初演予定のこの“プペルバレエ”でも、西野は「原作・脚本」としてクレジットされている。

    「そのバレエ公演ですが、じつは一部で炎上騒ぎになっているのです」(芸能記者)

     プペルバレエの公式Instagramには、6月11日に開催されるオーディションの要項が掲示されている。

     ソリストダンサー、群舞ダンサー(コール・ド・バレエ)の募集をおこなっているが、そこには 《ソリスト役の方には、当方規定による報酬をお支払い致します》 とだけ記載があり、群舞ダンサーについては記載がないのだ。

     プロバレリーナとして生計を立てられるのは、ひと握り。バレリーナの待遇改善の必要性が叫ばれる中で“無報酬”を掲げてしまったのだ。

    「このことについて、『コール・ドに無給で踊らせるのか』と、批判が起こりました」(前出・芸能記者)

     それだけではない。

     西野が主宰するオンラインサロンのメンバーで、プペルバレエの製作総指揮をしている人物・A氏が「note」に投稿した記事も波紋を呼んでいる。

     すでに「プペルバレエが目指す場所」と題された記事は削除されたが、記事内にこう記載があったのだ。

    《私たちは、プペルバレエを古典作品にすることを目指しています。それは、「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」、「眠れる森の美女」などと同じ棚に並べるということです》

    「西野さんが過去にプペルバレエに触れる形で『バレエのお客さんって、バレエやってる人が結構占めてる』など、バレエ界が排他的かのような発言をしていたんです。

     それにもかかわらず、名作『白鳥の湖』などに並ぶ作品にする、とA氏が表明したことがバレエファンから反感を買いました。

     さらに『同じ棚に並べる』という表現自体が、西野さんがよく使うフレーズであり、A氏が西野さんの影響を大きく受けているような内容だったんです」(前出・芸能記者)

     こうした経緯をはらんでいるプペルバレエには、インターネット上では、怒りの声が上がっている。

    《バレエ「プペル」の記事をみて、歌舞伎やミュージカルの比でないくらいショック受けて寝込みかけてる》

    《良い作品だから何度も上演されて、いつの間にか古典と言われるようになるんじゃないの? 初めから古典作りますってなんか違う気がする。見えてくるのは金儲けのみ。だからプペ関連は胡散臭く思ってしまう。》

    《プペルバレエ、無視しようとしてたけど日本でダンサーが踊りで食えないことごバレエ界の1番でかい問題のはずなのに新たに古典にしたいとか言ってるバレエでコールド無給なのはほんとふざけてるしダンサーもチケット買う客も*にしててムカつきすぎてて話題しにちゃった…ありえねぇ》

    プペル歌舞伎の際には「チケットが売れ残っている」という報道もあり、2022年3月には「プペル美術館」の建築一時中止も報道されている。

     こうした状況後に公演発表されたプペルバレエだが、西野の「古典に」という思惑とは裏腹に、初演前から“大きな壁”にぶち当たっているようだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3cb4f4c83270fe72d8ba97aad24fd47925f28d3f


    【【速報】「プペル」10月にバレエ化決定wwwww→大炎上】の続きを読む


    朝日 奈央(あさひ なお、1994年4月21日 - )は、日本の女性マルチタレント、バラエティーアイドル、ファッションモデル。埼玉県入間市出身、東京都羽村市育ち。ライジングプロダクション所属。 元「アイドリング!!!」のメンバー。 保育園児の頃からモデルに憧れ、小学3年生から愛読していたファッショ
    92キロバイト (11,950 語) - 2022年4月26日 (火) 11:57
    たまにそういう方いらっしゃいますよね

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/12(木) 14:15:46.67

    5/12(木) 13:22配信
    スポニチアネックス

     タレントの朝日奈央(27)が11日放送の日本テレビ「上田と女が吠える夜」(水曜後9・00)に出演。トイレにまつわる衝撃のエピソードを披露した。

     「ガサツな人」というテーマでトークが進む中、朝日は自身が潔癖症の傾向にあるとし「自宅以外の便座に10年くらい座っていない」と明かした。共演者がどよめく中、「浮かせて…自宅で練習してから行く」と便座に触れないトイレの作法を紹介した。

     出演していた松嶋尚美が「もうちょっと頑張って立ちションの練習すれば?」と思わずツッコミ。朝日は「なるほど」となぜか関心した様子だった。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/395c66031d4f44413747e540e1b78da99ac7b3ec


    【【芸能】朝日奈央、潔癖エピソードに意外にも共感の声→こちら】の続きを読む


    荒波部屋presents「プリンセスシティ 〜プリンセス金魚・うしろシティ 単独ライブ〜」(2010年11月5日、新宿シアター・ミラクル) 荒波部屋presents「うしろシティ・さらば青春の光ツーステ 〜うしろさらばの前向きツーステ〜」 (2011年4月7日、しもきた空間リバティ) 角座若手開幕シリーズ第6夜「うしろシティ
    35キロバイト (4,677 語) - 2022年4月28日 (木) 05:31
    ピスタチオに引き続き・・・悲しいですね。

    1 こぶた(神奈川県) [ES] :2022/04/28(木) 14:22:47.09


    お笑いコンビ・うしろシティが4月末で解散 阿諏訪泰義は個人で活動、金子学は松竹芸能所属のまま

     お笑いコンビ・うしろシティ(金子学、阿諏訪泰義)が4月30日に解散すると、所属する松竹芸能の公式サイトで28日、発表された。

    〈ツイッターより〉解散を報告 それぞれの今後について発表したうしろシティ

     同社は「この度、弊社所属タレントの『うしろシティ』(金子学、阿諏訪泰義)は、2022年4月30日をもってコンビを解散することになりました」とし、

    今後について「阿諏訪泰義は弊社を離れ個人で活動いたします。金子学は弊社にて引き続き活動して参ります」としている。

     また金子は同日、ツイッターを更新し「みなさまへご報告です。このタイミングでコンビ活動はなくなりますが、

    作ってきたコントが色んな形で残るのは関わってくれたたくさんの方々のおかげで、応援してくれたみなさんのおかげです。ありがとうございました! 晴れ晴れです!」と心境をつづった。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef51be5b827a955df53d1cbb33e8db43947bfdba

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    【【悲報】お笑いコンビ・うしろシティ解散 ・・・】の続きを読む


    夜道 (よみち ゆき、1999年11月21日 - )は、日本のマルチタレント、YouTuber、声優。北海道札幌市出身。自称北海道の秘密兵器、俺の嫁系YouTuber。身長155cm、血液型はB型。 中学3年生の時に、スカウトされた事がきっかけとなりローカルタレントとして北海道を中心に、テレビ、ラ
    34キロバイト (4,172 語) - 2022年4月15日 (金) 13:58
    面白いことをいったつもりなんでしょうけど、
    全く笑えないですね・・・すごく下品・・・

    1 muffin ★ :2022/04/22(金) 01:11:39.57

    https://www.j-cast.com/2022/04/21435913.html

    人気マルチタレントの夜道雪さんが2022年4月21日、過去の投稿について「自分にとって恥ずかしいニュースを面白くしたくて間違えてしまいました。ごめんなさい...」とツイッターで釈明した。前日に、吉野家の牛丼を前に白目を向いた自身の写真を添付して、「北海道の田舎からきた生娘、今日もキマってます」と投稿していた。

    夜道さんは20日未明、吉野家の店内とみられる場所で牛丼や味噌汁などを前に、白目を向いた自身を映した写真を添付しながら、「北海道の田舎からきた生娘、今日もキマってます」とツイートした。

    夜道さんはテレビアニメ「スーパーカブ」(TOKYO MXほか)の主人公・小熊役の声優として知られるほか、YouTuberとしても人気を博す。続く投稿では、「わたし地元にいた時は吉野家とか全然食べたことなかったのに、上京してからしょっちゅう吉野家食べてるからほんとに戦略にハマっててわろた」

    さらに「うわ深夜テンションでたまたま撮った写真伸びてる、、、」と驚きつつ、次のように投稿していた。「まあでも、不愉快なるようなネガティブなニュースも、少しでも笑いに変えられるといいよね みんなが少しでも面白いと思ってくれたならそれでいいや」

    舌禍事件に絡めた冒頭の投稿は1万7000件以上のリツイート、11万件超の「いいね」と話題を集めた。

    21日夕になって夜道さんは「誤解を招くツイートをしてしまいましたが」と切り出し、先のツイートに至った経緯を、「私自身が上京してから安くて美味しい牛丼を食べれる吉野家を日常的に利用していたので『まるで自分のようだ』と思いネタにしました...何かの擁護や批判をしたい訳ではなく自分にとって恥ずかしいニュースを面白くしたくて間違えてしまいました。ごめんなさい...」と説明。投稿は現在も公開されている。理由を次のように伝えている。

    「ツイート消すと、憶測による誤解が広まると思うからです。経験上、私の本心とか伝えたい事は見てもらえず、憶測だけ広まっていくのがわかってるので...」


    (出典 www.j-cast.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ★1:2022/04/21(木) 21:36:17.15
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1650544577/


    【【芸能】女性声優さん、吉野家で「生娘、今日もキマってます」ツイートするもスベって謝罪】の続きを読む

    このページのトップヘ