PUブログ

話題のニュースやエンタメ情報からくだらない面白ネタまで、まとめてPick Upしています。

    タグ:芸能


    生見愛瑠 (めるるからのリダイレクト)
    生見 愛瑠(ぬくみ める、2002年〈平成14年〉3月6日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、女優。愛知県稲沢市出身。東京都在住。「エイベックス・アーティストアカデミー」の名古屋校出身。 エイベックス・マネジメント所属。通称ならびに愛称はめるるで、バラエティ番組に出演する際にはこちらの名義を用いるケースが多い。
    40キロバイト (5,499 語) - 2022年6月21日 (火) 01:58
    そんな過去があったのですね!

    1 jinjin ★ :2022/06/23(木) 10:24:38.46
    めるる“黒歴史”をカミングアウト? 過去のアイドル活動に驚き「凄いな」


    天性のルックスと明るいキャラで人気を博す「めるる」こと生見愛瑠に、衝撃の過去が発覚したと話題になっている。

    6月20日放送の『世界まる見え! テレビ特捜部2時間SP』(日本テレビ系)に出演しためるる。
    この日は「戦慄の瞬間SP」と題して、世界の様々な映像が公開された。


    トーク中、めるるは自分の過去について触れていき、かつて「花椿(はなつばき)」という宝塚のような芸名で活動していたことを暴露した。


    本人いわく、これは自身が15歳の時で、『東京フジヤマ芸者団』という音楽ユニットで用いていた芸名とのこと。
    しかし、グループの活動は約1年間のみで、リリースした楽曲も『KIMURASAN』という1曲のみだという。


    このぶっとんだ曲について、めるるは「全国の木村さんに向けた音楽を出した」と楽曲コンセプトを説明。
    なかなか破天荒なグループだったようで、本人も「よく分からない1年くらい活動したグループ」と「東京フジヤマ芸者団」についてきっぱり語っている。


    今もデジタルタトゥーで残るミュージックビデオ

    今をときめくトップモデルにしてタレントのめるるに発覚した、〝黒歴史〟と言ってもいい謎のグループ期間。


    これにネット上には

    《凄いな。本当によくわからないグループ(笑)》
    《なかなか面白い企画ではないか? 機会があれば、聴かせてほしい》
    《本当によくわからない活動でした》
    《曲のコンセプトが、とても笑える…何を考えてプロデュースしてたのか?》
    《ホントによくわからない…笑》


    など、さまざまな反応が上がったのだった。

    「本人は黒歴史のように語っていますが、同グループの映像は公式YouTubeとツイッターにばっちり残っています。楽曲や衣装・ミュージックビデオは外国人が想像する日本を意識しているかのようで、当時の『でんぱ組.inc』や初期の『ももいろクローバー』あたりをモチーフに、オリンピックによるインバウンドを狙ったことがうかがえますね。ちなみにめるるはセンターを務めており、当時から事務所に期待されていたことが分かりますが、グループ公式ツイッターのフォロワーは160人ほどに留まっています」(アイドルライター)

    https://myjitsu.jp/archives/360790


    グループ所属時代の生見愛瑠

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)



    ミュージックビデオ


    【【芸能】めるる・生見愛瑠、過去のアイドル活動をカミングアウト!芸名、楽曲、当時のMVも大公開】の続きを読む


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
    58キロバイト (7,198 語) - 2022年6月9日 (木) 14:20
    スッキリでめちゃくちゃ可愛いですね・・・

    1 muffin ★ :2022/06/11(土) 17:20:26.23
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/11/kiji/20220611s00041000359000c.html
    2022年6月11日 15:06

    女優の佐々木希(34)が11日、自身のインスタグラムを更新。ヘアカットを報告し、夏らしい新ヘアスタイルを披露した。

    「切りました」とヘアカットを報告。「顔周りにレイヤーを カラーはピンク系に。髪切ったらシャンプー楽ですねやはり」とつづった。

    ストーリーズでもカットの様子を公開し、「バッサリ」「カラーはピンク入れてもらいました」と記した。

    この投稿に、フォロワーからは「似合ってます!!」「かわいすぎる」「綺麗です」「今流行りの姫カット?」などの声のほか、画像がナチュラルな自撮りショットのため「スッピンでも素敵」「スッピン?でも可愛いい」「すっぴんとは思えない可愛さと綺麗さ…憧れです」「すっぴんでもどんだけきれいねん」などのコメントも多く寄せられている。



    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    【【芸能】佐々木希さんのバッサリ新ヘアスタイルが可愛すぎると話題に!!】の続きを読む

    動物に対してはガチ。


    野々村 (ののむら まこと、本名同じ、1964年〈昭和39年〉6月24日 - )は、日本のタレント、俳優、司会者。旧芸名は野々村 誠。東京都文京区本郷出身。スターダストプロモーション所属。妻は野々村俊恵(旧芸名・坂上とし恵)で、一女一男の父親。長女は野々村香音で、他に長男(香音の弟)がいる。血液型はA型。
    22キロバイト (2,714 語) - 2022年5月5日 (木) 02:49

    1 フォーエバー ★ :2022/06/02(木) 17:17:31.21

     俳優でタレントの坂上忍(54)が5月31日に更新された自身のYouTubeチャンネルに出演。親友であるタレント・野々村真(57)に、愛ある説教をする場面があった。

     4月4日に開業した、動物たちの保護ハウス「さかがみ家」。そこに野々村がボランティアとして駆けつけると「ワンちゃんを飼ってるし、大好きだ*。幸せな子どもたちだけじゃないと思うので、その子たちに幸せになってもらいたい。いい里親が見つかって欲しい」と、意気込みを語った。

     そして6日間の活動を終えた野々村を、坂上が別室へと呼び出す。「一つだけすごく気になったことがあって。きのう、お世話しているところを見させていただいたんだけど、ご飯をあげるときに、おそらく7、8分でめっちゃ早く終わったんです。バタバタあわてていてね」。

     「わかって欲しいのが、この子たちは朝夕のお散歩とご飯と、人肌しか楽しみがないんですよ。失敗したってなんだっていい、ベストを学んでいけばよくて。ただ、それだけのお立場の人が、なんでこれに参加してくれてるんだろうって。30年以上の付き合いだけど、僕はいまだにわからない。本当は嫌で“向いてない”と思うんだったら、やらない方がいいと思う」と、活動姿勢に疑問を投げかけた。

     野々村は「向いてないというか…こういう状況で育てたことがなくて。もっとゆとりを持ってやればいいんだけど、サポートしないといけないことも多くあって。でも、今ハッと思ったんだけど、おろそかになってたんだね」と、反省の言葉を口にする。

     坂上は「『動物愛護』という言葉はあまり好きじゃないけど、動物を愛し護るって思いが抜けるなら、やっちゃダメですよ。それが段取りになるんなら、やっちゃダメ」と、語りかけていた。その後も本音でぶつかり合いながら、活動の意味について語りあった2人。最後は「ありがとうございました」と、お互いに労をねぎらった。

    6/2(木) 17:06配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5fe0574f5e2619125c4fa34e05d1e85203c51c72


    【【芸能】坂上忍、野々村真に公開説教!!「“向いてない”と思うんだったら、やらない方がいいと思う」】の続きを読む


    久慈 暁子(くじ あきこ、1994年7月13日 - )は、日本のフリーアナウンサー、ファッションモデル、タレント、女優。インセント所属。元フジテレビアナウンサーである。 岩手県奥州市出身。身長166cm。 2013年春の高校卒業まで18年間岩手県で過ごした。 青山学院大学経済学部卒業。大学のゼミでは「ニューヨーク都市文化論」を専攻。
    31キロバイト (3,716 語) - 2022年5月26日 (木) 06:24
    お幸せに!!!!

    1 ひかり ★ :2022/05/26(木) 15:21:15.64

     元フジテレビで4月末で退社した久慈暁子アナウンサー(27)が26日、同局「ポップUP」(月~金曜前11・45)に生出演し、バスケットボール日本代表でNBAの渡辺雄太(27=ラプターズ)と婚約したことを発表した。

     この日「スター・ニュース速報」のコーナーにゲスト出演した久慈アナはコーナー最後に「お知らせ」として「あの~私事で大変恐縮なんですけれども、プロバスケットボール選手の渡辺雄太選手と婚約させていただきました」と電撃発表した

     出会いは2019年の「めざましテレビ」だったそうで、連絡先の交換は「初めて会った時から結構経ってから」だとし、渡辺のほうから「共通の知り合いを通じて」連絡先を聞かれたという。「あちらが夜だと日本がお昼なんです」と時差を乗り越え、連絡を取り合ったという。カナダでのデートについては「あんまりいろいろなところに行けないので、ご飯食べたりとかそういう感じですね」と明かした。

     日本でのデートも1度もないということで、今後は「普通に買い物とか行ってみたいですね」と笑った。この日の放送は「見てますかね、どうなんですかね」と照れ笑いを浮かべた。

     佐野瑞樹アナが「アナウンス室がざわついてますね」と祝福しつつ、カメラに向かって渡辺へのメッセージを促すと、久慈アナは照れくさそうに「雄太、これからもよろしくお願いします」と語りかけた。

     結婚のタイミングについては「まだ未定です」とした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7115e1d9b16f290c66fb096544c86cd45e1d70d7


    【【芸能】元フジテレビアナウンサー久慈暁子アナ&NBA渡辺雄太が婚約発表!!】の続きを読む


    『えんとつ町のプペル』(えんとつまちのプペル、英題:POUPELLE OF CHIMNEY TOWN)は、日本の絵本。西野亮廣が脚本・監督となり完全分業制で制作した(幻冬舎、2016年10月21日)。メインイラストレーターは六七質。2021年9月時点で累計発行部数は70万部を記録している。
    45キロバイト (6,044 語) - 2022年4月19日 (火) 04:56
    どこまでも止まりませんね・・・ww

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/17(火) 20:04:13.03

    5/17(火) 17:18
    SmartFLASH

    西野亮廣 今度は「プペルバレエ」で大炎上!「『白鳥の湖』に並ぶ古典に」構想にバレエファンからも反発が

     東洋の歌舞伎の次は、西洋のバレエときたか――。

     絵本『えんとつ町のプペル』の作者で知られるお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(あきひろ)。

     彼が原作・脚本家を努めた歌舞伎公演『プペル~天明の護美人間~』は、2022年1月に新橋演芸場で上演された。市川海老蔵がプペル役を努め、堀越勸玄と市川ぼたんが交互に出演するなど、話題となった。

     アニメ映画、ミュージカル、歌舞伎とメディアミックスを続ける『プペル』だが、今度はバレエ公演『えんとつ町のプペル』が計画されているのだ。

     2022年10月に初演予定のこの“プペルバレエ”でも、西野は「原作・脚本」としてクレジットされている。

    「そのバレエ公演ですが、じつは一部で炎上騒ぎになっているのです」(芸能記者)

     プペルバレエの公式Instagramには、6月11日に開催されるオーディションの要項が掲示されている。

     ソリストダンサー、群舞ダンサー(コール・ド・バレエ)の募集をおこなっているが、そこには 《ソリスト役の方には、当方規定による報酬をお支払い致します》 とだけ記載があり、群舞ダンサーについては記載がないのだ。

     プロバレリーナとして生計を立てられるのは、ひと握り。バレリーナの待遇改善の必要性が叫ばれる中で“無報酬”を掲げてしまったのだ。

    「このことについて、『コール・ドに無給で踊らせるのか』と、批判が起こりました」(前出・芸能記者)

     それだけではない。

     西野が主宰するオンラインサロンのメンバーで、プペルバレエの製作総指揮をしている人物・A氏が「note」に投稿した記事も波紋を呼んでいる。

     すでに「プペルバレエが目指す場所」と題された記事は削除されたが、記事内にこう記載があったのだ。

    《私たちは、プペルバレエを古典作品にすることを目指しています。それは、「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」、「眠れる森の美女」などと同じ棚に並べるということです》

    「西野さんが過去にプペルバレエに触れる形で『バレエのお客さんって、バレエやってる人が結構占めてる』など、バレエ界が排他的かのような発言をしていたんです。

     それにもかかわらず、名作『白鳥の湖』などに並ぶ作品にする、とA氏が表明したことがバレエファンから反感を買いました。

     さらに『同じ棚に並べる』という表現自体が、西野さんがよく使うフレーズであり、A氏が西野さんの影響を大きく受けているような内容だったんです」(前出・芸能記者)

     こうした経緯をはらんでいるプペルバレエには、インターネット上では、怒りの声が上がっている。

    《バレエ「プペル」の記事をみて、歌舞伎やミュージカルの比でないくらいショック受けて寝込みかけてる》

    《良い作品だから何度も上演されて、いつの間にか古典と言われるようになるんじゃないの? 初めから古典作りますってなんか違う気がする。見えてくるのは金儲けのみ。だからプペ関連は胡散臭く思ってしまう。》

    《プペルバレエ、無視しようとしてたけど日本でダンサーが踊りで食えないことごバレエ界の1番でかい問題のはずなのに新たに古典にしたいとか言ってるバレエでコールド無給なのはほんとふざけてるしダンサーもチケット買う客も*にしててムカつきすぎてて話題しにちゃった…ありえねぇ》

    プペル歌舞伎の際には「チケットが売れ残っている」という報道もあり、2022年3月には「プペル美術館」の建築一時中止も報道されている。

     こうした状況後に公演発表されたプペルバレエだが、西野の「古典に」という思惑とは裏腹に、初演前から“大きな壁”にぶち当たっているようだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3cb4f4c83270fe72d8ba97aad24fd47925f28d3f


    【【速報】「プペル」10月にバレエ化決定wwwww→大炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ